Menlo Park Studio

アクセスカウンタ

zoom RSS 準備とは捨てるものなのです。

<<   作成日時 : 2011/06/20 23:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

miharuです。

今日はオープンワークショップです。
ワークショップ中の写真も撮っていますからどんどん御紹介できればいいなと思います。


毎回のワークショップは真剣勝負だと思ってたくさん準備をします。
現在の課題として進めているテネシー・ウイリアムズの『ガラスの動物園』ではジムとローラ二人のシーンですから、ローラの役作りをするときに、ローラの大事にしているガラスの動物たちの意味ってどういう事か、ローラが持つジムの思い出ってどんなものだろうとか色々探して稽古場に持って行くんです。

何度も何度も台本読んで、自分なりにジムを想定して動いてみて自分なりの創造のもとローラを作って持って行くんですけど、稽古場に入ったら全部捨てるんです


自分の想像力なんて所詮微々たるものなんですよ。結局は・・・・・。

自分の練習した事にこだわってしまうと相手から来るものが想像と違った場合どうしたらいいのか分からなくなってしまったり、止まったりしてしまうんです。
そうなると役が無くなってしまって、その場に立つ事が出来なくなってしまう・・・・・。


でも、良く考えてみると全く考えもしなかった物を相手が持ってくる確立の方が間違いなく高いんですよね
相手役は自分とは生きてきた環境が違うで、考え方も全く違う。
だからこそ、相手役から来るものを素直に受け取った方がもっとイメージが膨らんで行けるんです。

お互いがお互いの為に自分の感じている事を使って発信し、受け取る。

このお互い様の考え方がお芝居にもとても必要な事なのではないでしょうか


さぁ、木曜日に『ガラスの動物園』のシーン作りをやったら、来週からは『欲望という名の電車』です
どんどん進んで行ってシーン作りの考え方を自分の物にしていきましょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
準備とは捨てるものなのです。 Menlo Park Studio/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる