Menlo Park Studio

アクセスカウンタ

zoom RSS 0305 トレーニングリポート

<<   作成日時 : 2010/03/09 15:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

MPSでは、トレーニングに参加できなかった方のために、
美晴さんにトレーニングリポートを書いていただいてます!

先週金曜は、以下のようなことをやりました・・・

**********************************************
本日の稽古〜3/7(金)〜
◆コアマッスルを如何に使えるようになるか(ストレッチ)◆
本日もノラ・ジョーンズの1stアルバム「ノラ・ジョーンズ」に乗せて如何に身体の力を抜いて中から動かせるのかにチャレンジしました。
「身体の力を抜くって言っても脱力じゃなくて、足の付け根の意識は抜いてはいけません」
忘れがちなんですがこれって実はすごく大事だと思うんです。
足の付け根を意識しながらやると骨盤が後ろに落ちないので左右の移動やねじりの時に腕や胸じゃなくて本当に骨盤から動けるし、骨盤から動けると上体の力が抜けるのでもっと伸ばせるし、ねじれます。
そこに音楽を入れればさらに効果UP!(音楽を聴く事で集中力もUP)
斉藤さん曰く音楽って本当に聴きながらやると力が入った瞬間に聞こえなくなるんですって。
(私は力が入った瞬間って音楽との呼吸が合わなくなる感覚もあります。当たり前ですが音楽も呼吸してるんですよ!)
自分が本当に音楽が聞けているかどうか常に問いながらやる必要があると思います。
「音を身体に入れながら」・「呼吸を深くして」・「身体の表面の筋肉はなるべく使わず」・「コアを意識し使う」とやらなければいけない事はいっぱいありますが、役者はすべて同時にできないとだめなんですよね。
歩きながら・ガムを噛んで・台詞をいうと同じだと思います。

すべて意識をして本当にやる。
自分が出来ていないと指摘されたら出来ていないんだから素直に認めてなにが違うのか認識しやる。
自分が認識しててもしてなくても「聴いてるふり」「やっているふり」は絶対にやめる。
必要な事は「綺麗に動けて、外からの刺激がスムーズに中まで入ってきて、それにすぐに反応ができる役者の身体」を手に入れる事。
力を入れて身体をがちがちに固める等の「いらない」といわれているものと反対の事をやって皆でもっと早く役者の身体を手に入れましょうね!!!

◆話〜安心で安全な空間〜◆
今日は2時間程話の時間になりました。

□安心で安全な空間(ヤマアラシの刺をどうとるか)□
今日の稽古のメインです。
久しぶりに「安心で安全な空間」という話が出ました。
話が出たのは偶然ですが、全員が次のステップに向かい始めている状況でこの話が出た事は必然だった気がします。皆で再認識しなさいと神様に言われたんでしょうか・・・。

お芝居の稽古をするときに必要な空間って安心で安全でチャレンジできる空間ですよね。
その空間をつくるためにはお互いに信頼感がないとだめ。
私達は生まれてから今にたどり着くまでに様々な人の目にさらされてきているので、厚さのちがいがあれヤマアラシの様な針の毛皮を着て自分の身を守ってきたと思うのですが、これって癖になっててなかなか身体から取れない頑固者です。でも取らない事には信頼感は生まれてこない。
信頼感を作る為にはお互いに「自分の為にではなく相手の為にやり続ける」このコンセプトを徹底的にやり続ける事が重要なんだと改めて思ったわけです。
お互いに切磋琢磨して目標に向かってやり続けていれば人の足を引っ張ろうなって考え起きないですし、成長をやめて止まってしまったら重くなってしまって周りが進もうにも進めなくなる。(だから少しでもいいから前にすすんで行く事が大切)
如何に自分の事を忘れて周りに集中して一緒に出来るか。一緒に出来た数が多ければ多いほどこの空間は安心な空間になっていくんだと思います。

ヤマアラシの毛皮を脱いだ後に現れてくる、昔感じていた純粋な興味や好奇心を批判の目がなく出せる場所があるって本当にありがたい事です。
この場所をさらに生かすために日々精進しなくてはと改めて実感した次第です。

◆ナレーショントレーニング◆
前回に引き続き、本を読んで意味を説明する。

稽古前の滑舌の練習は必要だと痛感しました。やっているつもりになっているといざ読まなきゃいけないときに口が回らなくなるんですよね。
そしてつっかえると伝えようとしている事が伝わらなくなってしまうという悪循環。
文章を音読するからには相手に伝えなきゃいけないでしょ!と思って私は読んでいますが、伝えるには「内容を把握する」つまり「この文章が言いたい事は何か」を文章中から読み取る事。これに尽きると思います。
まだまだこの「文章が言いたい事」を読み取る力が足りない事を痛感します。
また、人が読んでいるときは「聞く」じゃだめで、本当に「聴く」じゃないと話の内容自体が理解できない。
読むときも聴くときも集中して、昨日よりも今日、今日よりも明日の精神で少しでも内容把握を早くし文章をもっとイメージをもって読めるようにしたいですね。

**********************************************

以上長くなりましたが3/7(金)稽古リポートでした。


美晴さん、ありがとう
MPSメンバーの皆さん、質問などあれば、どんどんコメントください!

その他のみなさんでも、演技について、トレーニングについて、
何でもどうぞ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ブログにアップして頂けるなんて恐縮です。
しかも日付間違えてますねよね・・・正しくは3/5(金)でした。(苦笑)

文章を書くって本当に良いトレーニングになりますね。書いているうちに整理もされてきてありがたい限りです。次回の目標は今回かかった時間の半分でレポートが書けるようにする事ですね。

これから精進していきますので皆様宜しくお願いします!!
miharu
2010/03/09 19:17
他の人が体を使っているときの
「主観的な」感覚を聞けるというのは
とてもおもしろい体験で、
夢中になって読んでしまいました。

トレーニングのときも、
toshiさん、marikoさんとでは同じ運動でも
表現の仕方が違いますし、
自分の感覚はまた違う表現だったりします。

私は今まで、自分の体を客観的に捉えて、
人形を操るようにコントロールしていたのですが、
そうではなくて、
「本当に」自分のからだとして感じるために
彷徨いつつトレーニングしています。
なので、他の人は自分の体をどう感じているのか
toshiさん、marikoさん以外の人の話が読めて良かったです!

コメントなのに長文ご容赦くださいm(_ _)m

荒川
荒川久忠
2010/03/10 15:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
0305 トレーニングリポート Menlo Park Studio/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる