Menlo Park Studio

アクセスカウンタ

zoom RSS 役者紹介!「河口衣里編」

<<   作成日時 : 2009/07/28 14:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

久々の役者紹介です!

今回は、大阪出身の俳優暦3年目に入りました河口衣里です。
線が細く、控えめに見えるのですが・・・
MPSは完全な母系社会、「女は強し!」です。

4月のせんがわ劇場公演「あ〜っ!」ではたくさんの役に挑戦していただきました。

@ 印象に残っている場面
神様とマコトのシーン。
神様の無表情でのセクシーなポージング大好きだったんです。
画像


*背の高いマコトと神様のギャップが楽しい場面でしたね。
マコト君は、お笑いの方へ進みたいということで、公演を機に退団、神様役のななみさんは、
動物病院のお仕事と、「居合い」、がんばっておられます!

A 苦労した点
台本が度々変わるので稽古にノートパソコンを持ってくること。
PCの重量7キロ+衣装や小道具。
画像


*更新された台本が、メールで送信されてくるので、ミニパソコンを持ちながらの稽古でした。
松竹新喜劇の台本は、手書きのものだったのに・・・時代の変化ですね・・・
MPSでは、衣装や小道具も出来るだけ稽古時から本物を使います。
演劇や映画は「視覚」からの情報が一番大きいので、それによって伝わるイメージがずいぶん違ってくると考え るからです。
役者にとっても、衣装や道具は、役にはいる手助けをしてくれる大事な商売道具。
ただ、本番が近づくにつれて膨大な量に・・・
やっぱり、固定の稽古場が欲しいですね!!!

B 楽しかったところ
いろんな場面で皆でアイディアの出し合いをして、起こっているお題がクリアーになった時。
稽古ではない時間に、役者さん同士が話している流れで、いつの間にか役で即興をしていた時。
画像


*芝居はなんといってもアンサンブル。
チームとしていい仕事が出来たときが一番!

C 役作りについて、留意した点
役として何に注意が行くか、何を見るか、動きたいか、などは常に考えていました。
画像


*このシーンの衣里さんは、いつも完璧でしたね!
「自分の体に聞く」大切なことです。

D その他なんでも
今回の舞台作りでは、思いついたこと、疑問は、とりあえず言ってみた方が良いことを知りました。
画像


*最近の躍進著しい、河口衣里さんでした!
これからもよろしくお願いいたします

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
まだまだ、素敵な写真が出てきますね

学校のシーンは先生一人にたくさんの生徒が襲いかかるようなすごい絵になっていたとは知りませんでした。写真がダイナミックでそのシーンの楽しさが思い出されます。


台本を、いつも紙に刷り出して稽古場へ持ち込んでいた荒川でした。
荒川久忠
2009/07/28 15:26
いい写真、山盛りあります。
なので・・・
ほかのメンバーの皆さん、コメント送ってください!

mariko
2009/07/28 15:39
ご紹介に与りました。河口衣里です。
今回、ブログに写真がUPされるまで、自分が舞台上でどんな感じに見えていたのか分からなかっので、照明の効果とカメラマンさんの腕なのか、写真を見た瞬間に「誰!?」って思いました(笑)
とっても素敵な写真ありがとうございます。
河口衣里
2009/08/11 23:30
映像も編集をして見ていただけるようにしたいですね。
映像となると、自分の姿って見たくない!!!と思ってしまうのですが・・・私は・・・
mariko
2009/08/12 22:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
役者紹介!「河口衣里編」 Menlo Park Studio/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる